• ホーム >
  • 顎が鳴る・違和感がある(顎関節症)

顎関節症の治療もおまかせください

顎関節症の治療もおまかせください

「口を大きく開けられない」「慢性的に顎が痛い」「口を開け閉めするとカクカク音が鳴る」といった症状があれば、顎関節症にかかっている可能性があります。ふじみ野市上福岡の歯医者「青山歯科医院」には口腔外科専門の歯科医師が在籍しており、顎関節症の治療にも対応しています。顎関節症の症状は一時的なもので治まるケースもありますが、症状が続く場合には我慢せずに一度ご相談ください。

顎関節症とは~顎関節のしくみ~

顎関節症とは~顎関節のしくみ~

顎関節とは、耳の穴の前に位置する関節のこと。頭蓋骨のくぼみに下顎の頭がはまる形になっており、その間に関節円板があります。この関節円板が何らかの原因によって外れてしまうと、顎関節症の症状が起こるのです。

顎関節症の症状には、「口が開けられない」「痛い」「音が鳴る」といったもののほかに、頭痛や肩こり、耳鳴りなどもあります。症状を放置しても改善しないどころか、むしろ悪化してしまうこともあるため、できるだけ早めの対処が必要です。

顎関節症の治療法

顎関節症は、歯ぎしりや噛みしめ、食いしばり、頬杖や姿勢の悪さなどといった日常のクセが原因となって起こるといわれています。つまり顎関節症を治すには、症状の治療と同時に自分にこういったクセがあることを理解し、それを改善していくことも必要になるのです。

症状の治療では、「スプリント」というマウスピース型の装置を使用します。このスプリントを装着し、顎関節にかかる負担を軽減しながら正しい噛み合わせを導いていきます。「たかが顎の痛み」と軽視することなく、適切な対処をしていきましょう。

歯ぎしりを見逃さないで!

歯ぎしりを見逃さないで!

歯ぎしりとは、食べ物を噛むための筋肉「咀嚼筋」が食事以外のときに無意識に異常運動すること。その原因には、噛み合わせの乱れやストレスなどがあると考えられています。歯ぎしりは歯や歯ぐきに強いダメージを与えて顎関節症を招いてしまうだけでなく、歯周病を患っている方の場合は、一度にたくさんの顎の骨を失うきっかけになってしまうこともあります。顎の骨を失うということはつまり、歯を失うということです。

~歯牙破折の治療にも対応しています~
歯牙破折(しがはせつ)とは、転倒などのケガによって歯が欠けたり折れたりしてしまうこと。歯の欠けや折れは詰め物・被せ物によって修復できますが、場合によっては神経が飛び出してひどい痛みをともなったりすることもあります。そういった場合には、それぞれの症状に合わせて適切な治療を行わなくてはなりません。当院の口腔外科では、そういった歯牙破折のさまざまな症例にもしっかり対応します。「歯が折れた」「欠けた」という場合には、できるだけ早くご相談ください。

青山歯科医院の顎関節症治療についてのお問い合わせはこちら 049-262-1068 上福岡駅より徒歩10分 / トリートメントコーディネーター・保育士が常勤