• ホーム >
  • 子供の歯を守りたい(予防歯科)

お子さんの歯は保護者の方が守ってあげましょう

保護者の方の協力が不可欠です

2017/10/22(日) 当院にて ハロウィンパーティーをやります!!

お子さんのお口の健康を守るお手伝いをさせてください。

  • 1、0~12歳のお子さんを対象とした虫歯予防プログラムです。
  • 2、虫歯ゼロを目指します。
  • 3、歯科医院と保護者の方で連絡帳を利用して、お子様の口の状態を管理します。
  • 4、ご家族にも特典あります!

お子さんの歯は保護者の方が守ってあげましょう

多くのお父さんお母さんが、虫歯治療で歯を削った経験をお持ちのことでしょう。「痛い治療」を経験された方ほど、お子さんの歯を虫歯から守りたいと強く思われるのではないでしょうか? お子さんの歯を虫歯から守るためにできること――、それは「予防」です。ふじみ野市上福岡の歯医者「青山歯科医院」では、お子さんの歯の虫歯予防に力を入れています。保護者の方と当院との協力によって、お子さんの歯の健康を守っていきましょう。

保護者の方の協力が不可欠です

保護者の方の協力が不可欠です

小さいお子さんはまだ、自分自身でお口の中を十分にきれいにすることができません。もちろん、自分から進んで定期検診を受けるという発想もありません。そのため、お子さんの「予防」には保護者の方のご協力が欠かせないのです。

おうちでのケアが大切です

お子さんの予防には、まずおうちでの取り組みが重要になります。

おやつは時間を決めて、選んであげて しあげ磨きはしっかりと
一度にたくさん食べられない小さいお子さんにとって、おやつは大事な1回の食事。ですが、おやつは時間を決めて与えるとともに、チョコレートやアメ、キャラメルといった甘く糖度の高いものはできるだけ控えるなど、注意して選んであげてください。 お子さんが2歳(奥歯がはえたら)くらいになったら、自分でブラッシングする習慣づくりをはじめてあげてください。しかし、自分でブラッシングする習慣はできても、しばらくは自分自身できれいに歯を磨くことができません。10歳になるころ(永久歯と乳歯が入り混じっている期間)までを目安に、保護者の方がしっかり仕上げ磨きをしてあげましょう。
仕上げ磨きのコツ
【コツ1】 【コツ2】 【コツ3】
「左の奥歯から」など、磨く順番を決めて習慣づけると、磨き残しが出にくくなります。 歯ブラシを切り返す部分が磨き残しやすいポイントになるため、注意しましょう。 子供自身で使う歯ブラシは毛先がすぐ広がってしまうため、仕上げ磨き用と分けるようにしましょう。
【コツ4】 【コツ5】 【コツ6】
仕上げ磨きにつかう歯ブラシは、ヘッドが小さくて毛先が短いタイプがおすすめです。 歯ブラシは鉛筆を持つように軽く持ち、奥歯は45度、前歯は直角に当てましょう。 歯ブラシは軽く小刻みに動かすと、凹凸の多い乳歯の細かい所を磨けます。

お子さんに楽しく通っていただけるように

青山歯科医院では、お子さんに楽しく通っていただけるよう、次のことに取り組んでいます。

お子さんに楽しく通っていただけるように

お子さんの歯を守る処置メニュー

上福岡の「青山歯科医院」では、次のようなお子さん向けの予防処置メニューをご用意しています。

ブラッシング指導 ブラッシング指導 虫歯予防の基本となるのが、毎日の正しいブラッシング。一人ひとりのお子さんのお口に合ったブラッシングを指導します。保護者の方には、仕上げ磨きのポイントをご説明します。
フッ素塗布 フッ素塗布 フッ素には、酸によって一度歯から溶け出したミネラル成分が再び歯に取り込まれる修復作用「再石灰化」を促す効果があります。歯質を強くなるので、定期的な塗布が虫歯予防には有効です。
シーラント シーラント 生えたばかりの永久歯の奥歯には複雑で深い溝があり、食べカスが詰まりやすくなっています。そこをあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋め、虫歯を予防します。
イオン導入フッ素
(保険診療外)
イオン導入フッ素 歯に浸透しにくい性質を持つフッ素を、イオン導入装置を用いて電気分解しながら歯に浸透させる方法です。浸透率が高く濃度も濃いため、塗布するよりも高い予防効果が期待できます。

青山歯科医院の予防歯科についてのお問い合わせはこちら   049-262-1068   上福岡駅東口より徒歩10分 / トリートメントコーディネーター・保育士が常勤